設備と技術

昭和36年に工業用ゴム製品の製造に着手。以来、現在の主力商品である建設機械用ゴムクローラやゴムパットをはじめ、水田車輪、印刷機用ウレタン製品、列車用車両部品など、長年の経験と確かな技術によって、独創的な商品を数多く製造してまいりました。製造にあたっては自社にて設備改良も積極的に行っており、高い効率性を追求するとともに、生産性の向上・コスト削減を図ることで、高品質な製品をスピーディーに納品できるよう努力し続けております。平成23年からは、真空プレスの導入に伴い、材料の受け入れから出荷までの機能を集約した施設を新設。今後もユーザーのニーズにいち早く対応し、クオリティの高い商品づくりを行ってまいります。

設備紹介

真空プレス

オープン式段プレスなど生産設備の老朽化により、2011年よりPAN STONE社の 100t全自動真空プレス機(デーライト250mm〜450mm)16台を新規導入しました。真空プレス導入に伴い、工場内の大規模なレイアウト変更も実施。  材料の受け入れから出荷までを集約した設備を新設する事で、更なる効率的生産及び品質の向上を目指しています。

成型プレス

建設機械用ゴムクローラをはじめとした大型製品の成型に、当社では5mまで加硫できる成型プレスを4台所有しています。 中でも14号スワンネックプレスは、重量のある大型製品の成型のために自社設計を行いました。 脱型した製品を残して機械自体が移動するように設計し、作業効率が格段にアップしています。

加硫缶(第一種圧力容器)

当社では直径3mの釜をもつ大型加硫缶を所有しており、成形した未加硫ゴムを金属体に貼付けたものを釜の中に充填した後に密封、製品によって圧力・温度・時間を調節し適正に加硫します。高温・高圧蒸気での加硫が可能。この工程により、ゴムの中に配合された硫黄を化学反応させ、ゴム独特の伸び縮みや弾性を確保。耐蝕・耐熱・耐久性に優れた製品づくりに広く活用されます。

このページのトップへ戻る